白朮(ビャクジュツ)

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の特色 > 中国の生薬?薬草 > 白朮(ビャクジュツ)
人気キーワード
白朮(ビャクジュツ)
  • 商品番号 :p440538
  • 販売規格 :500g
  • 製造会社 :中国
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:1800円
    当店売価:1500円
  • 購入量:

商品詳細:

 /> <img height=185 width=185 src=/images/image/cc200806220116372654.jpg alt=

【生薬名】
白朮(ビャクジュツ)

【基 原】
キク科 Compositae 白朮 Atractylodes macrocephala Koidz. (A. ovata A.P.DC.)(オオバナオケラ)の根茎を乾燥したもの。冬期に採集したものを冬朮といい、性質はやや甘く柔潤である。ただし現在では一般に冬朮?夏朮を区別しない。

【性 味】
味は甘?微苦、性は温。微香がある。

【薬理作用】
補裨益気?燥湿利水
健胃作用?利尿作用?鎮静作用

【効能?効果 】
◎脾をすこやかにし、湿を乾かす。
◎汗を止め、盗汗を治す。「切ってかため、浮麦1升、水1斗で煮詰めて乾かした麦は捨て、細末にして毎回2銭を浮麦に煮た湯で服用。」
◎補脾剤。「一晩水に漬けて切って乾かし煎服。又は粉末にし服用。」
◎補胃:「煎じ?丸?末服ともによい。」
◎一切の下痢を治す。「煎?末?丸服。白芍薬?白茯苓と合わせ煎服。」
◎一切の風と中風の口噤不省を治す。「白朮4両?酒3升を煮詰めて服用。」
◎五労?七傷を治す。脾胃を壮健にし、寿命を延ばす。「作末して酒に混ぜて食べ、又は蜜丸。」
◎四肢の腫満を治す。「3両を切って大棗3を入れ1日3~4回煎服。」

【臨床応用】
主として補脾に用いる。下痢?泥状便?食欲がない?上腹部が脹って苦しい?舌質が淡白?舌苔が白い?脈は沈などの脾虚の症状があるときに用いる。多くは胃腸の機能が悪く、腸管からの吸収能力が減退したために生じる。慢性消化不良症?慢性非特異性結腸炎によく見られる。
肢体の浮腫で、顔色が青い?食欲不振?泥状便?水様便?元気がない?四肢が冷たい?脈沈など脾陽虚の症状をともなうときに用いる。
脾虚による自汗に用いる。とくに病後の小児で、食欲がない?身体衰弱?自汗などの症状があるときには、白朮を必ず使用する。
風湿による関節痛などに用いる。効能は基本的に蒼朮と同じで、健脾去湿と鎮静止痛の効能を利用する。
流産防止に用いる。 
 
【用 量】  3~12g

【使用上の注意】白朮は温?燥の性質があるので、高熱?陰虚火旺?脱水?口や舌の乾燥?煩渇?尿が濃い?湿熱の下痢?肺熱による咳嗽などには使用すべきでない。
蒼朮との比較:蒼朮は、性味が辛烈で?燥散の性質が強く、補益力が弱い。白朮は、微辛でやや苦味があり?発散よりも補益力の方が強いので、健脾に適している。
 
 用法?用量を守って正しくお飲みください