鷹皇冬虫夏草(甲級)

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の特色 > 伝統強壯剤 > 鷹皇冬虫夏草(甲級)
人気キーワード
鷹皇冬虫夏草(甲級)
  • 商品番号 :p40388
  • 販売規格 :3g
  • 製造会社 :広東鷹皇
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:13200円
    当店売価:11000円
  • 購入量:

商品詳細:

「虫草(チュウソウ)」とは,バッカクキン科(Clavicipitaceae)のノムシタケ属(Cdyceps)に属し,生物学的には真菌と担子菌の中間ほどに位置づけられる菌類の総称である.虫草は,原則として昆虫やクモ類に寄生して世代を繰り返えす「活物寄生菌」であり,彼らの生活環については科学的に不明な部分も多く,謎に包まれた菌類である.

-「冬虫夏草」は固有名詞!!-
 巷では「冬虫夏草(トウチュウカソウ)」の名称が氾濫しているが,「冬虫夏草」とは,上述の「虫草」に定義される菌の一種であり,中国の四川省,貴州省,青海省,甘粛省,および雲南省,チベット,ネパール,ついでブータンの山岳地帯に棲息する鱗翅目のコウモリガの幼虫に寄生する虫草を「冬虫夏草」という.従って,コウモリガ類に発生した虫草菌(Cdyceps sinensis (Berk.) Sacc.)のみを指して「冬虫夏草」という.

-コウモリガについて(補記)-
 コウモリガ(Endoclyta excrescens Butler)が属するのはコウモリガ上科(Hepialoidea)?コウモリガ科(Hepialidiae)で,最も原始的な特徴を持つガの仲間である.本昆虫は,日本では北海道から九州にかけて分布し,コウモリガ,キマダラコウモリ(E. sinensis Moe),およびシロテンコウモリ(Palpifer sexnotata Matsumura)の存在が知られている.コウモリガの幼虫はハンノキ,スギ,コナラ,クサギ,ヨモギ,イタドリなどを食害する害虫であるとされる.幼虫は樹幹に潜り込み,穴の入り口に糞をしてこれらを糸で結びつける習性があるという.
 いわゆる「冬虫夏草」はコウモリガ(Endoclyta excrescens Butler)の幼虫に寄生し発生する虫草であると定義され,我が国にはその発生が確認されていないとされる(清水大典:グリーンブックス51,「冬虫夏草」pp 97,ニューサイエンス社,東京,1979).虫草菌は発生する寄生宿主に完全に依存しており,その寄生宿主から伸長する特異な子実体の形態によって分類される.さらに本菌類は世界各国に分布しており,日本,アメリカ,ロシア,中国にまたがって同じ種類の虫草が観察されるなど地域に孤立しない菌類であるとされる.従って,我が国にはコウモリガ(E. excrescens)が棲息するにも拘わらず,「冬虫夏草」の発生がないのは虫草菌の特徴を考慮すると少々疑問が残る.さらに,「冬虫夏草」の発生が土中からであることも,寄生宿主である「コウモリガ(E. excrescens)」の生活環を考慮すると種々の疑問点が出てくる.そこでコウモリガについて調べたところ結果,中国の文献などで「冬蟲夏草」の寄生宿主として記載されている「蝙蝠蛾」は,我が国で呼称される「コウモリガ」と属を異するガであることがわかった.すなわち,中国名の「蝙蝠蛾(コウモリガ)」は学名が Hepialus arcanus Oberthur (Microbial Infmation Netwk of Chinaのホームページ参照)で,和名の「コウモリガ(蝙蝠蛾)」は E. excrescens Butlerとなり,生物学上,同一のガではない.よって,我が国にはHepialus属のガはいないので「冬虫夏草」の発生はない.
(文責:高野 文英)

前翅と後翅のサイズや翅脈のパターンが均等であることや,コウモリからの攻撃を回避するための超音波センサーの欠落などがある(Rydell J. Proc. R. Soc. Lond. B. Biol. Sci. 265: 1373-1376, 1998).

-中国の「中葯」における虫草菌の位置づけ-
 中葯では,寄生宿主の違いによって虫草類を分類している.
ア)鱗翅目(主として蛾)の蛹や幼虫に寄生するサナギタケ(C. litaris L.):鱗蛹虫草類
イ)膜翅目のハチに寄生するハチタケ(C. sphecocephala (Kl.) Sacc.):黄蜂虫草
ウ)同翅亜目のセミに寄生するセミタケ(C. sobolifera B. et Br.):蝮蝟虫草
エ)コウモリガに寄生する虫草(C. sinensis):冬虫夏草
「冬虫夏草」は他の虫草類とは別扱いになっている.

※故に,日本で昆虫に寄生して発生する菌を全てをひっくるめて「冬虫夏草」と称するのは明らかな間違いで,中国式にいえば「虫草菌」,学術的にいえば「ノムシタケ属菌」というのが正当である.

-中国の虫草,いわゆる「冬虫夏草」について-
 中国では秦代前から不老長寿の秘薬としてい受け継がれてきた伝承薬である.本品は中国王朝で瑞兆?吉兆を意味する印として珍重され,効能として不老長寿,滋養強壮,そして精力増強があるとされた.また,本品の変わった効能としてアヘン中毒の緩和や解毒に用いられた.なお,冬虫夏草に抗ガン作用があるとする記述はない