大棗(タイソウ)

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の特色 > 中国の生薬?薬草 > 大棗(タイソウ)
人気キーワード
大棗(タイソウ)
  • 商品番号 :p440473
  • 販売規格 :500g
  • 製造会社 :新疆哈密五褒
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:1380円
    当店売価:1150円
  • 購入量:

商品詳細:

【生薬名】
大棗(タイソウ)

【基 原】
神農本草経の上品に収載。クロウメモドキ科 Rhamnaceae 棗 Zizyphus jujuba Mill. (サネブトナツメ)および同族植物の成熟果実を乾燥したもの。

【性 味】
味は甘、性は温。(帰経:脾経)

【主成分】
棗酸? tannic acid?粘液質?タンパク質?脂肪?カルシウムなどで、ビタミンCの含有量もかなり豊富である

【薬理作用】
補脾胃?養営安神?緩和薬性
胃腸機能の調節作用?鎮痙作用?薬性をやわらげて、味を矯正する
臨床的な観察によると、鎮静?利尿の作用もある。

【臨床応用】
脾胃気虚に補助薬として使用する。補気の方剤に入れるときには、必ず生姜と一緒に用いる。生姜の刺激性を大棗で緩和し、大棗によって生じる腹部膨満を生姜で減少させる。大棗と生姜を同時に用いると、食欲が増し?消化が良くなるので、他の補気薬の作用がよくなる。
婦人の臓躁(更年期障害やヒステリーなどに相当する)に用いる。
“甘をもって急を緩める”というように、鎮痙作用を利用する。
薬性を緩和する。作用が激烈な薬物に配合すると、性質をやわらげて消化機能(脾胃)に対する傷害が少なくなる。辛味や苦味の薬物が多い処方にも使用して味を矯正し、薬性をやわらげる。 
 
【用 量】
 5~20g

【使用上の注意】
虫歯の疼痛?腹部の膨満感?便秘などの症状があるときには使用すべきでない。
処方中に大棗として使用するものに、黒棗?南棗?紅棗?蜜棗などがある。
黒棗?南棗は良質で、養血補中の効能がある。
紅棗はやや燥性が強く?補養力が弱いので、一般に補益剤としては使用しないが、アレルギー性紫斑病に効果がある。
蜜棗は味が非常に甘く濃いので、潤燥解毒に効果がある。
 
※取り扱い上の注意
1.天然物(生薬)の性質上吸湿しやすいものがありますので、保存には十分ご注意ください。保存が悪いとカビ、虫害等の発生する原因になることがあります。
2.特に開封後は、湿気を避け、直射日光の当たらない涼しい場所に保管してください。
3.本品には品質保持の目的で窒素ガス(不活性ガス)を封入しております。生薬の特質に応じて、脱酸素剤又は乾燥剤を封入している場合がございますので、一緒に煎じたり、食べたりしないようにご注意ください。