桂花茶 キンモクセイの香り

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の茶 > 草花のお茶シリーズ > 桂花茶 キンモクセイの香り
人気キーワード
桂花茶 キンモクセイの香り
  • 商品番号 :p430505
  • 販売規格 :50g
  • 製造会社 :广西桂林
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:1200円
    当店売価:1000円
  • 購入量:

商品詳細:

キンモクセイは日本では代表的な庭園樹ですが中国では樹木としてのほかに花茶として、キャンディ?高級菓子の原料?エッセンシャルオイルを抽出することなどに利用します。
桂花茶は広西桂林、湖北咸寧、四川成都、重慶などが主な産地です。

桂花茶の香りは濃厚で高尚?上品で、長い間持続して、緑茶、紅茶、ウーロン茶によい香を付ることがでます。
広西桂林の桂花焙青(緑茶)、福建安渓の桂花烏龍、四川北碚の桂花紅茶などは桂花茶の芳しい香りを付けてお茶のこくのある風味を際立たせます。
桂花茶は独特の風格がある特産品として国内外に愛好者がいます。

桂花茶は近年日本や東南アジアでの需要がふえて、取引価格はは品質の良い高級ウーロン茶を上回ることもあります。
特に烏龍茶と紅茶は研究開発が成功して、桂花烏龍茶、桂花紅碎茶(紅茶)などの輸出や国外販売の新しいお茶の品種ができました。

中国のキンモクセイの種類は主に金桂、丹桂、銀桂、四季桂があります。

金桂:常緑の高木、葉の柄は短くて、長い楕円形の広葉、小さい花梗、花は初めは薄い黄をつけて、後に金色になって、濃厚なよい香りがします。
果実は楕円形、藍紫色を呈して、開花期は9月です。
主な栽培品は円葉金桂(杭州)、咸寧晩桂(咸寧)、球桂、柳葉江蘇桂(武漢)などがあります。
丹桂:金桂の変種のため、色は比較的濃くて、金紅色に近い、香気は少し薄い。
主な栽培品は朱砂丹桂、大葉丹桂などがあります。

銀桂:常緑の高木。枝葉は密生し、雌雄異株。葉は楕円形で、対生、先端部の短く深緑で、花は集散花序を呈して、花弁は四つに裂けて、裂けた部分は楕円形をして、香気は濃厚で、お茶に香りをつける主要な原料です。
開花期は9月です。主な品種は純白銀桂などがあります。

四季桂:8~9月に花が咲き、花期がわりに長い、四季咲きが可能で、花の色は黄白色、香気はあっさりして上品で、観賞用としての主要な種類です。
花の生産高が低いため、花茶として使われることは少ない。

桂花茶の飲み方
緑茶と蜂蜜とのブレンド
1.グラスなどの茶器に桂花茶と緑茶をいれて熱湯をそそぎます。
2.約3分ほどしてから蜂蜜をいれてすぐいただけます。
すこしさましてから氷を浮かせた冷茶はさわやかで暑気払いに最適です。
温かい桂花茶は健胃?整腸の作用があり、口臭もおさえるそうです。
3.桂花茶を10gほどの多いめにつかって菊花をブレンドすれば油をおろして
ダイエットなるそうです。

紅茶とブレンドするときは桂花茶3gにたいして紅茶1gが適当です。
しかし、紅茶にレモンを添えるように紅茶を主にするときは反対の割合になります。