決明子〔ケツメイシ〕

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の茶 > 美容?健康茶シリーズ > 決明子〔ケツメイシ〕
人気キーワード
決明子〔ケツメイシ〕
  • 商品番号 :p400512
  • 販売規格 :100g
  • 製造会社 :中国
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:660円
    当店売価:550円
  • 購入量:

商品詳細:

【决明子の商品説明】 
 科名?属名 まめ科 カワラケツメイ属 一年草
学   名 Cassia obtusifolia〔カシア オブツシホリア〕??夷草Cassia ta〔カシア トラ〕??決明子
和   名〔健康茶〕 えびすぐさ〔夷草〕
生 薬 名 望江南〔ボウコウナン〕波布草Cassia occidentalis〔オキシデンタリス〕 決明子〔ケツメイシ〕
ハーブティー〔英 名〕 シックルポッド〔Sicklepod〕コヒーセンナ〔Coffee senna〕??望江南
産地?分布 熱帯アメリカ原産、帰化植物。
採取?製法 秋に完熟したハブの種子を採取し乾燥後焙煎。
部位?形状 ハブの種子、原体
香   り ハブはローストした良い香り。
味   覚 ハブはあっさりした飲みやすい味。
エビスグサの種子。効力が大きい20gの特大パック。目に光明。効能多彩で美味 
目が決(はっきり)する種子?日の衰え?トラブルに?とにかくよく効く?エビスグサの種?著効そのものが名の由来?BR>煎じて飲むと?風味よく?うまい?疲れ目?なみだ目に?一握りをお茶にして飲むと、翌日にはスッキリする?白内障?カスミ目?老限にもいい?飴きない、クセがないおいしさの点でも?おそらく?薬草の最高峰。肝臓の疲労は?まず目に出る?決明子が目を助けるのは?肝臓を蘇生するから?肝臓が弱く?疲れやすい人には?宝石よりもありがたい?胃腸が弱く?顔色が悪い?全身がだるい?常習便秘で腎機能が衰えている人にも決明子がいい?常飲すれば便秘は必ず消える?糖尿?心臓?腎臓動脈硬化の原因になる汚れを?無理なく体外に流す? 
ほうじ茶と同じ要領で濃く煮出して飲む?多量に飲んでも水腹にならない?夏の食欲不振?梅雨どきの不快症状が起こらない?何よりも視力が衰えない?ひどい時は直接?目を洗う?ハッキリする?口内炎で困ったら?口に含んでよくすすぐ?唇の裏のプツプツが消え?舌の荒れも止まる?飲むのと併用すれば?たちまち治るケースが多い? 
高血圧が治るのは?便秘解消?利尿?強壮効果の総合作用?糖尿患者が補助療法に使うのも同じ理屈?目を酷使するビジネスマン?受験生、体調すぐれない老人?ニキビ?吹き出ものが気になる若い子をかかえた家庭に?保健茶として好適だ?肉食の弊害で大腸ガンにおびえる欧米で?人気の的になっている?BR>

【决明子の特 徴】 
 決明子茶は、古くから消化不良と目によい茶として有名である。決明子を煮出して作った茶を、決明子茶または、ハブ茶と言う。決明子は、名前そのままに、視力を増進させる効能があり、仮性近視に良いと言われる。また、血圧を下げてくれてめまい, 慢性便泌, 老人性便秘に効果的である。
そして肝臓と心臓を保護して、むくみをなくす。
決明子はエビスグサの種です。煎じて飲むと?風味よく?うまい?疲れ目?なみだ目に?一握りをお茶にして飲むと、翌日にはスッキリします?白内障?カスミ目?老眼にもいいといわれています。以上のような著効そのものが名の由来となりました? また、決明子は「潤腸通便」(腸を潤い、便通を良くする)や肝臓機能働きをよくするなどの作用もあります。
決明子には特殊の苦味がありますが、すぐ慣れる程度のもので 、そしてほのかにこおばしい香りが感じます。中国 では麦茶の感覚で決明子茶を作って飲んだり、決明子お粥を作ったりします。 
*注意点:低血圧の方には向いてません。

【决明子の飲み方-入れ方】 
1) あらかじめ使用する茶器を100度の熱湯で温めておきます。
2) 1煎分(およそ120ml程度)につき3-5gの茶葉を使用します。
3) 100度の熱湯を注ぎます。
5) 3煎程までおいしくいただけます。
6) 蒸らし時間は、1煎目=1分、2煎目=1分30秒、3煎目=2分 を目安にして作ってみて下さい。

【决明子の効 能】 
 ハブ茶はマメ科の一年草エビスグサ(夷草)の種子を乾燥させ、軽くいって、お茶にしたものです。
漢方ではエビスグサの種子を決明子(けつめいし)と呼びます。これは「明(めい)を決(ひら)く」、つまり目が良くなる、ことから名がついたといわれています。
日本の「日本薬局方」にも、決明子が収穫され、便秘、腹部膨満感に効果があるとされています。
臨床的な研究も進められ、その有効成分も明らかにされています。そのひとつがアントラキノン誘導体で、緩下(かんげ)作用、強壮作用、利尿作用があります。
便秘によく、また便とともに水分が排出されるので、肝臓の負担を軽くします。
目の疲れや充血をとる効果もあります。胃腸が弱くて、やせている人にも適していて、胃腸の働きをよくします。
決明子(ケツメイシ)ハブ茶は、北アメリカが原産、エビスグサの種子を乾燥した物のことを言います。漢方で、
緩下剤、消炎?利尿薬などに用いられます。ハブ茶はこの種を煮出したお茶のことを言います。古来中国では、
視力を回復すると中国の明の時代から伝えられています。一般的には目だけではなく、便秘や整腸にもよく
用いられていますが、その他にも、高血圧、不眠症、頭痛の解消、そして利尿作用もあるので腎臓病などにも
用いられます。体の熱を下げる効果もありますので、発熱時に使われます。一方で冷え症の方は体を冷やして
しまうことになりますので、相談が必要です。

【决明子の注意事項】 
 血圧が低い人は飲めない。

【决明子の歴史と文化】 
 名前の由来は、異国から日本に渡来したという意味から、夷草という名が生まれたといいます。
決明子(けつめいし)は、中国の医学古書「神農本草経」に収載されていて別名に草決明、馬蹄決明、仮緑豆などがあります。
決明子(けつめいし)はエビスグサの種子の生薬名で、決明は明を開くという意味があり、視力を回復するということが、中国の明の時代の「本草綱目(ほんそうこうもく)」にみられますが、便通をととのえ、便通をよくして、目の回りの充血を取ることにより、視力が回復するということでしょう。
一般には「ハブ茶」として市販されていて、よく知られていますが「ハブ茶」は、ハブソウから出たものでエビスグサによく似たマメ科の植物です。
エビスグサなどのカワラケツメイ属は、世界で4,000種以上もあり、センナ、カワラケツメイなどは、中国医学では「肝火」を治すとされ、便秘などの用途があります。