血砕燕

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の特色 > 伝統強壯剤 > 血砕燕
人気キーワード
血砕燕
  • 商品番号 :p40392
  • 販売規格 :11.1g
  • 製造会社 :上海司巣
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:9360円
    当店売価:7800円
  • 購入量:

商品詳細:

燕窩(えんか)の取れるアナツバメは、アマツバメ科の体長15cm前後のツバメで、一般のスズメ目ツバメ科の燕とは異なり、中国で「金糸燕」と総称される4種類のツバメ達です。

 毎年2月から7月ごろの間に3回前後に分けて営巣活動(海藻や小魚などを自らの唾液と
混合して、険しい岩窟や断崖絶壁などに不整形の盃状の巣を作る活動)を行います。

現物は硬いにかわ状で、白色、灰色、紅色の物があり、繊維が長い物、太い物、細い物砕けた物など、これらの組み合わせにより50種類以上にランク分けされ、ツバメの種類採取時期(産卵時期まで時間のある巣の作り方をしていれば、ゆっくりと唾液でこなした
良品とされます)、巣を作る場所にも左右されます。

乾燥した燕の巣は、燕巣(えんそう)、燕窩(えんか)、燕窩菜(えんかさい)として、中国の料理の食材として珍重されますが、燕窩は中国ではほとんど取れず、タイ、マレーシアインドネシア、アフリカの東海岸、フィリピン、マダガスカルなどが主な産地となっており最高級の白いもので1kgあたり約50万円で売買され、非常に高価なため乱獲されてしまいアナツバメは唾液を出しながら何回も巣作りをしているうちに、唾液に微量の血液が混り赤色の巣になり、これを血燕と称し最高級の燕巣として珍重されますが、この混じり方が

悪いと燕窩根といって下級品となります。一般的な燕窩は白色で、混じりのない特上品を白燕といいます。新しい巣が出来るころこれを採取すると第2回目の営巣活動をしますが唾液腺や絨毛だけでなく、多くの羽毛が混ざるようになります。これを毛燕と呼び、下級
品として扱います。また、燕窩は形を整えるための整形作業を行うことがあり、削り屑が出ますが、これを燕角といいます。最下級品ですが同様に薬用に用いたりします。

燕窩は、一般に半月形の長さ6.5~10cm 、幅 3~5cm 、岩壁に付着していた側は平たく反対側はやや丸みを帯びています。原料が唾液と絨毛であることから、乾燥した製品は「棒状寒天」などと同様にやや堅いが大変もろく、雑に扱えば直ちに壊れてしまいます。

水につけると膨潤して軟化し蒟蒻様になり、 戻して食べられるようにした燕窩は、糸寒天
のように白く半透明なもので、料理にすると他の食材の味を引き出し、無味無臭ですが口当たりはさわやかでサッパリしています。

漢方医学では滋養剤として昔から大変珍重されており、中国式の宴席などにおいてはツバメの巣の料理が供されなければ、最上の宴席ではないとされるほど珍重されるものなのです。燕窩は明代に南方から中国に伝来したと伝えられていますが、元時代の書である「飲食須知」にもみられ、実際に中国の料理書に出るのは、18世紀に発行された「醒園録」「随園食単」や「本草綱目拾遺」にも収載され、昔から不老長寿の聖薬として用いられます。

アナツバメたちは一般に孤島の切り立った断崖などに営巣することが多く、燕窩の採取は大変危険であり、また採取があまり繰り返されると燕は集団で移住し、二度と営巣しなくなります。住民はこれを嫌ってそれぞれ決まった島嶼を確保して神を祭り、部外者の立ち
入りを極端に防ぎ、ライフル銃を装備して燕窩が毎年採取出来るように保護しています。

絶世の美女として有名な「楊貴妃」は、永遠の美貌を手に入れるため、好んで食べたと伝えられております。

それは燕窩には美肌効能と健康維持のために、人の免疫機能に深く関わるシアル酸を含む糖タンパク質やミネラル、脂質等の成分がバランスよく含まれているからなのです。

古代中国では明らかにされませんでしたが、燕窩には自然治癒力を高め、免疫力を調整する穏やかな働きがあると伝えられ、これらを裏付けるかのように古書には驚くほど多くの現代人の健康に関係する悩みに通じる効能が書き記されているのです。

燕の巣が美肌と健康維持のために永く愛されてきた伝統には、確かな理由があるのです。

説明しました通り、一般的に燕窩には美肌効果や滋養強壮、強心効能さらには精力増強、疲労回復、肝機能や腎機能向上による血液の浄化作用などが認められているわけですが、ここで気になる資料をご案内しておきます