中国の十大銘茶?君山銀針

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 中国の茶 > 緑茶シリーズ > 中国の十大銘茶?君山銀針
人気キーワード
中国の十大銘茶?君山銀針
  • 商品番号 :p350484
  • 販売規格 :50g/箱
  • 製造会社 :岳陽洞庭湖
  • 配送方法 :(EMS, 2万円で送料無料!)
  • 市場価格:1740円
    当店売価:1450円
  • 購入量:

商品詳細:

中国の十大銘茶?君山銀針

規格:50g/箱

原産地:岳陽洞庭湖

湖南省洞庭湖に浮かぶ君山(ジュンシャン)という小島(東京ドームの5分の1の広さ!)で1000年もの昔からつくられているお茶です。君山公園中のお寺にある碑文の記録によると、君山銀針(ジュンシャンインジュン)茶の原木の種はその昔、舜帝が南巡する時、皇帝の愛妃のために種を君山公園中にある島に植えたのが始まりだそうです。
史料文字の記録によると、唐代では君山でお茶を産することを明らかに記載されています。中国では著名な《中国銘茶誌》は、清時代に24種類の銘茶を記載していますが、「君山銀針」はその24種類の銘茶中の1つとされています。しかし、アヘン戦争(1839~42年)がぼっ発し、茶園や生産基地に大きな打撃を与え荒廃させてしまいました。中華人民共和国建国以後は政府によってお茶の栽培が重視されたため、「君山銀針」茶も復活されました。1954年、君山銀針はドイツのお茶博覧会に参加し、見事金奨を得て、1957年中国全国十大名茶の1つに決められました。
茶葉はまっすぐに伸びていて、大きさ、長さなど平均です。白く繊細な毛は鮮やかで、茶葉の色が金色になっています。そこのため、君山銀針は別名“金鑵玉”の美称もあります。現在でも年に200kg程度しか製茶できないので、大変稀少価値の高いお茶です。

製品の紹介:ぷっくりとした、白豪がある黄金色の茶葉が特徴です。香りがとても爽やかで、甘く芳醇な味わいが◎。グラスで踊る茶葉が魅惑的。味わいは芳醇で、大変甘みがあり、のどごしはさわやかです。肉や魚を塩漬けにしたりして濃い味付けの湖南料理に合うお茶でもあります。

食用方法:淹れ方は耐熱ガラスの器を使い、低めの温度の湯で淹れ、やや長めに蒸らす。透明なガラス器を用いると細長い茶葉に泡が付いて上下する姿を楽しむことができる。ガラス器で淹れる場合、香りを逃がさないように蓋をすることがコツ。