漢方薬販売

ホーム 中国の特色 生活用品 中国の茶 中国情報 ショッピングカート
現在の位置: ホーム > 精力剤 > 頭連日ダラダラとその痛みが続きの仕方、緊張型頭痛の誘因となる習慣を改善し
人気キーワード
頭連日ダラダラとその痛みが続きの仕方、緊張型頭痛の誘因となる習慣を改善し
Besttojp / 2012-07-24

頭部や肩、首筋の筋肉の緊張を取り除くためにも、たまに遠くを見つめたり、お茶を飲んだりと、長時間続くデスクワークには休憩をはさむようにしましょう。また、パソコンを見つめすぎないように、考えるときは上を向くなど、気を使ってみましょう。長時間のデスクワークなど同じ姿勢を続けることで、肩や首の筋肉がこり、そのこりや疲れが頭部の緊張を引き起こし、緊張型頭痛の原因となります。
また、枕の高さが合わないといったことも、頭痛の原因となります。とくにきっかけもなく始まり、後頭部から首にかけてジワーッと痛み、圧迫されて、締め付けられるような感じがダラダラと続きます。筋肉が頭部を取り囲んでいるために、ハチマキを強く締めたり、小さな帽子を無理にかぶったときのような圧迫された頭痛が起こります。お茶を飲んだりと、長時間続くデスクワークには休憩をはさむようにしましょう。
また、パソコンを見つめすぎないように、考えるときは上を向くなど、気を使ってみましょう。緊張型頭痛は、激しい痛みに襲われることはありませんが長い間痛みが続きます。つらいと感じたり、大切な仕事があるときは、市販の鎮痛薬を服用しましょう。痛みを鎮める成分、イブプロフェン配合のものなどがいいでしょう。緊張型頭痛の場合、運動したり、お風呂に入って血行を良くすることで症状が楽になります。片頭痛の場合は、これらのことを行うと症状が悪化します。人間関係や仕事のプレッシャー、悩みなど精神的なストレスを感じると、体の神経や筋肉の緊張が高まり、緊張型頭痛を引き起こすことがあります。